知の旅

真のリーダー人材に欠かせない知識を 追求する「知の旅」。知識がなく敗れ去る、世界の歴史で幾度も発生した事実は今でも変わりません。 脳科学、世界史、宗教、東洋思想、日本人の価値観、リーダーシップ論、マネジメント論、各戦略論などで「知の旅」をし、役に立つ情報をお届けします。

リーダーシップ論コラム序章.「リーダーシップ論」をなぜとりあげるか?

「リーダーシップ」と「マネジメント」の違いは何?

多くの場合、双方の違いが認識されないまま、混同されているのが現状かと思います。

 

1.あまり知られていない「リーダーシップ論」

「リーダーシップを発揮せよ!」、常套句のように使われますが、「リーダーシップ」はそんなに単純なモノではありません。世界の文献で「リーダーシップとは何か?」を分析。更に実践ベースの「リーダーシップ人材のリアル」も記載しています。

 

2.『モノづくり大国、日本』という思い込みの問題

日本の真の強みの様に捉えられていますが、単なる思い込みです。コトが生まれ初めてモノが生まれます。日本で生まれた「コト」ってあるのでしょうか?某大手メーカーの洗剤を無駄にしない洗濯機のCMを見て、絶句しました。

 

3.今流行りの書籍に問題 

『FACTFULNESS』(ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング著 日経BP社発行)がビジネス書大賞2020 を受賞。人間には勝手に思い込んでいるコトがあり、データをもとに本質を見抜く重要性を伝えていますが、ちょっと内容に問題があります。

 

『FACTFULNESS』が「思い込み」としているのは、実は「単なる勘違い」です。人間の認知は「思い込み」でできており、「単なる勘違い」とは全く異なります。「思い込み」の正体は、脳科学のコラムで記載した「システム1」です。

 

※人間は「システム1」「システム2」いずれかを使い、思考します。

「システム1」:経験に基づき、モノゴトを瞬時に判断する反射思考モード。

「システム2」: 本来どうあるべきか?どうすべきか?などの熟考思考モード

 

自分の「思い込み(システム1)」は自分の意識では変えられません。「思い込みは自覚で変えられる」と記載する書籍もありますが、無理です。自身が認識できないからこそ、「思い込み」なのです。

 

・人は自分の意識下にあることしかコントロールできない。

『世界最高の育成機関で幹部候補だけに教えられている仕事の基本』

田口 力著 角川書店発行

 

「思い込み(システム1)」を突破するには『「システム2」強化→「システム1」への反映』が、唯一の方法です。「システム2」の強化が不可欠です。

 

・「結果について振り返りを行う→教訓を導き出す→次の判断や行動に活かす」という

 サイクルこそが、ビジネスパーソンとしての成長を促進させる。

『世界最高の育成機関で幹部候補だけに教えられている仕事の基本』

田口 力著 角川書店発行

 

「リーダーシップ人材」は、考えに考え尽くす過程で「思い込み」を打ち破り、未来への羅針盤を創り上げます。並大抵のことではありませんので、できる素質を持つ人材は限られています。故に、企業に「リーダーシップ人材」がいるかどうかで未来は大きく変わります。